名古屋でインプラントを行うなら、スワンがおススメです

6月 25th, 2014 12:00 AM

スワン会について | 東京・名古屋のインプラント・虫歯・歯周病治療【医療法人スワン会】近年インプラントと呼ばれる歯科治療が脚光を浴びて来ています。インプラントとは従来の入れ歯などとは異なり、失ってしまった歯の部分に人工歯根を埋め込んで、その上から人工の歯を埋め込むやり方です。多少費用はかかりますが、生まれ持った自分の歯と同じように、自然にものを噛んだりできるようになる画期的な技術です。

日本第四の人口を誇る名古屋でインプラントをお考えならば、こちらのクリニックがおススメです。名古屋のインプラント・虫歯・歯周病治療【医療法人スワン会】は、地元で今評判を呼んでいます。

医療法人スワン会は名古屋で4か所のクリニックを営業しており、常に患者視点の包括的な歯科診療を実践しています。医療法人スワン会全体でインプラントの症例の数は国内最大規模であり、あらゆるニーズに対応できるような体制が整っていると言えます。患者の満足度向上と質の高い治療の提供のために、研究発表も毎年行っているのですよ。

そんな医療法人スワン会であれば、インプラントについても安心ですね。気になる痛みも、局所麻酔を行うので、親知らずを抜くぐらいのレベルです。一度インプラントをしてしまえば、後は定期的なメンテナンスのみで済んでしまいます。

名古屋にお住まいのあなたは、医療法人スワン会でインプラントを行ってみてはいかがでしょうか?

祝電でお祝いする

9月 17th, 2013 12:00 AM

今どき、新年の挨拶もメールやチャットで済ませてしまう時代ですが、みなさん電報を打ったことはありますか?
よく、結婚式やお葬式、入学式や卒業式で紹介されていますよね。
あれです。
電報は、電話がまだ普及していなかった昔は、急ぎの用事のある時に重宝されていた通信手段です。

私も結婚式の時にたくさんの祝電を頂きました。
メールでのお祝いも嬉しかったけれど、電報で送られてきた祝電はもっと嬉しかった記憶があります。
どうしてって、祝電のカードがどれも本当に素敵だったからです。
祝電のカードは、今でも私の宝物です。

祝電は、メールとは一味違うお祝いの方法です。
結婚式などに出席できない人は、心をこめて祝電を打ってみてはいかがでしょうか。
最近は、祝電もネットで簡単に申し込むことができますし、しかも安いです。
ネットで打てる電報には、素敵な祝電用のカードがたくさんあり、その中から好きなカードを選べるので、相手にとても喜ばれると思います。
ぬいぐるみの電報があったり、プリザードフラワーの電報があったりと色々です。参考→お祝いの電報のVERY CARD
あなたのセンスを生かして、素敵なカードを選んでみてください。

祝電の内容は、特に決まっていませんので、自由に考えて大丈夫です。
電報と言うと、難しい言葉で綴られているものが多いですが、相手に気持ちが通じるような分かりやすい言葉で考えてみましょう。
文章を考えることが苦手な人は予め用意されている文章を使用すれば大丈夫です。
思い出に残るような、素敵な祝電を送ってあげましょう。

医療や福祉の道を本気で目指すための専門学校なら。

10月 5th, 2012 12:00 AM

平均寿命が延び、いまや世界一の長寿大国となった日本。医療機関の利用者も増えています。そして、医療や福祉の道を目指そうという方もどんどん増えています。福祉関係や医療関係の仕事に就くなら、やはり専門学校に通って勉強するのが1番の近道です。数々の医療専門学校がありますが、患者さんをしっかりとしたサポート体制で応援することを目指している「医専」で学んでみませんか。

「医専」は全国に3箇所あり、東京の首都医校、大阪の大阪医専、そして名古屋の名古屋医専です。医専が目指しているのは「チーム医療によるサポート」です。すなわち、看護や福祉がそれぞれ独立してサポートするのではなく、看護師や保険師、介護福祉士や介護福祉士、またリハビリのための作業療法士や東洋医学の鍼灸師など、あらゆる技術を持った専門家たちがチームを組んで患者さん1人ひとりをサポートすることを目指しているのです。このような連携を作るため、医専は臨床学部・看護学部・福祉学部など、計7学部19学科で構成されています。それぞれの学校は電車の駅から3分から10分の範囲にあるので、通学にも大変便利です。

現場で活躍するためには国家資格に合格しなければなりません。医専では、国家試験に合格できなかった場合にも5年間の学費免除制度があります。合格するまでしっかりサポートしてくれるので、万が一のときも安心です。さらに、卒業時に就職先が決まっていない場合にも、最長で5年間の学費免除制度で勉学の継続が可能です。

医療や福祉の道に進むなら、徹底したチーム医療と合格・就職にこだわった「医専」でプロを目指しましょう。

「チーム医療」を実践する専門学校ならリハビリ専門学校の学校法人「医専」